お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

WAON

還元されたWAONポイントの受け取り

ポイント還元されると聞いて、
WAONなどをはじめて使おうとしている人も
多いのではないでしょうか。

そういう方がWAONとかを使っていくうえで、
ポイントがどこで利用できるか、
受け取れるのかはわかっておかないといけないですね。

まず利用しているサービスによって、
専用の機械が違います。

わたしはイトヨでよく電子マネーを利用するので、
以前、nanacoは、nanacoの専用機で
ポイントを電子マネーに変換していました。

WAONには、WAONステーションというのがあって、
そこでポイントの受け取りをするし、
イオン銀行のATMでも交換ができるそうです。

ネットバンクを普段使う習慣がない人も多いでしょうから、
やはりWAONステーションで交換するのでしょう。

店舗にいったときに
ついでにポイント交換できれば便利ですから、
サービスカウンターの人に聞いたりして、
上手に使いたいですね。

----------------------------------------------------------

対象となるのは、WAONを搭載しているすべてのカードで、各種JMB WAON、モバイルJMB WAONなど。ただし、現金ポイントカードのWAON POINTカードは対象外。

注意したのは還元されたポイントの受け取り方法。イオン店舗などに設置されているWAONステーションや一部のイオン銀行ATM、ファミリーマートに設置のFamiポートなどで受け取りが可能だ。モバイルWAONを利用している場合は、モバイルWAON上で受け取れる。

(Engadget 日本版-- 2019年9月30日)
--------------------------------------------------------------

タクシーで電子マネーWAON

このあいだ、とても久しぶりにタクシーに乗ったとき、
1万円札しかなくて、もしも迷惑だったら困るなあと思いました。

そういうとき、以前なら、
クレジットカードに対応してくれていれば十分だったのですが、
カードの一活払いだと、いったん借金になるのが今回は気になって、
電子マネーにしてくれないものかと思ったものです。

石川県では、石川交通で
イオンの電子マネー「WAON」が使えるようになったとか。

WAONなら、スーパーで利用している人は多くいるでしょうし、
買い物の時にタクシーで行き帰りする年配の方などもいるかもしれないので、
使い勝手がよさそうでよいですね。

タクシーでの電子マネーでの支払いと言えば、
私は楽天Edyをまずは思い浮かべるのですが、
WAONやnanacoも対応してくれると便利だと思う人は多いのではと思います。

----------------------------------------------------------

石川県内の大手タクシー会社、石川交通(金沢市)は一日、金沢市と近郊の金沢交通圏で運行するタクシーで、イオンの電子マネー「WAON(ワオン)カード」を使って料金の支払いができるようにした。既に小松市などの南加賀地域では導入し好評という。特に女性が好んで使うという流通系の電子マネーを導入することで、利便性を高める。

(中日新聞 2018年3月1日)
--------------------------------------------------------------

盛岡市の運転免許返納ポイント

運転免許は、地方で、運転を当たり前にしてきた高齢者にとっては、
脚を奪われるような感じがして、かなり抵抗があることと思います。

私自身がそうなったら、どうかなと思うので・・

しかし、実際に、高齢者の事故なども増えていることを考えると、
事態を無視することはできませんから、
対策は必要ですね。

盛岡市では、免許を自主返納すると、
地域のポイントカードにポイントを付与することにしたそうです。

ポイントカードをもっている人には500ポイント、
持っていない人には、カードと200ポイントを送るのだとか。

車に乗らなくてもいけるところで、便利に使える地元ポイントなら、
免許をなくした不自由さをより前向きにとらえられるかもしれないですね。

ただ、自分で自動車を運転しなくても
移動の方法が確保されるような対策も同時に必要ではあると思うんですよね。

免許証を返納したとたんに、
買い物難民になってしまいそうだと、
返納したくてもできませんからね。
 
------------------------------------------------------------
盛岡市は運転免許証を自主返納する高齢者に対し、地域のポイントカード「MORIO―J」で支援する。65歳以上の人が8月1日以降に免許証を返納すると、カードにポイントを付与する。カードを運営する盛岡ヴァリューシティも自主返納者へ独自のサービスを提供。連携して高齢者の事故防止を図る。

 免許証を返納した際に交付される運転経歴証明書を窓口で提示すると、ポイントカードを持っている人には500ポイント、持っていない人にはカード(300円)と200ポイントを贈る。1ポイントは1円相当。194の加盟店で使用することができる。

 MORIO―Jはイオンの電子マネー「WAON(ワオン)」を搭載。市とイオンはワオン決済した利用金額の0.1%を市に寄付するという協定を結んでおり、これが財源となる。

(日本経済新聞 2016年7月29日)
--------------------------------------------------------------

新しい共通ポイント「WAON POINT」

WAONはもうインフラのように普及していますね。

使えるお店はたくさんあるし・・
ただちょっと面倒なのは、
たまったポイントを電子マネーに変換するのが、
ちょっと・・

今度、そのWAONが共通ポイントを開始するとか。
それに伴って、電子マネー機能がないWAONポイントカードも発行するようです。

ということは、イオンで使える電子マネーWAONとはまた別に、
幅広いお店でポイントをためられるってことですよね。

そうすると、WAON限定ではなく、
たまったポイントを手軽に使えるようになると思うので、
ちょっとうれしいです。

Tポイントなどは携帯電話の代金で知らないうちにたまっていたりして、
とても使いやすいので、
あのくらい汎用的なポイントサービスになったらいいなと思います。

------------------------------------------------------------
       
イオンは4月9日、新たな共通ポイント・サービスである「WAON POINT」を2016年6月から順次開始すると発表した。 同サービスの開始に合わせ、現金での買い物にも対応し入会金・年会費無料の「WAON POINTカード」を新たに発行し、これまでグループ各社で運営していた延べ会員数約1億人・カード57種類という会員組織を順次統合していくとのこと。

さらに、家族間でのポイント合算や友達へのポイントのプレゼントなど、便利で楽しい仕組みも新たに提供するとのこと。また、行政やインフラ、交通、地域の商店街などとの提携を推進し、社会性・公共性に優れ、地域社会の基盤となるような共通ポイント・サービスを目指すとしている。

(マイナビニュース 2016年4月12日)
--------------------------------------------------------------

ローソンでのWAON利用開始

わたしはイオンの「WAON」カードを持ってはいるのですが、
イオンのお店をそれほどの頻度で利用はしていないため、
せっかくWAONにチャージしても忘れてしまったり、
たまったポイントを交換していなくて、有効利用できていなかったりと、
あまり上手に使えていませんでした。

今度、ローソンで、WAONが利用できるようになるとか。

セブン系のコンビニと対抗勢力という感じですよね。

これまではPontaカードのポイントをためるだけでしたが、
さらにWAON決済にすると、PontaポイントとWAONに、
両方ともポイントがたまる仕組みだそうですね。

それぞれでたまったポイントは双方の買い物で使えるのでしょうから、
お客さんは完全にお得だと思います。

しばらく使っていなかったWAONカードを引っ張り出して、
ローソンでためることを検討してみます。
 
------------------------------------------------------------
ローソンは15日、イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」の決済サービスを全店で始めた。提携による利便性向上で顧客を囲い込み、両社共通のライバルであるセブン&アイ・ホールディングスに対抗する。

 ローソンでは共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」カードを提示し、ワオンで決済した場合、両方のカードにポイントがたまるようにする。イオン傘下のスーパーなどを利用するシニア層や主婦層を取り込み、常連客を増やす狙いだ。

(産経ニュース 2015年12月15日)
--------------------------------------------------------------
ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ