お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

Vプリカ

プリペイドカードでアプリを買う

クレジットカードをネット上で利用するのには抵抗がある人も多いですね。
そういう人には、プリペイドカードが便利なようです。
このごろ、携帯電話各社がさまざまなスマートフォンを出してきて、利用者の裾野がひろがっているので、
クレジットカードを持っていない人も多いでしょう。
でもスマホはアプリで自分なりに成長させていけるものなので、その場合、不便だし利用している甲斐がなくなってしまうくらいのことだと思います。
Vプリカなどのプリペイドカードを検討してみて、自分の行動範囲でチャージが面倒でなければ使ってみたいと思います。

------------------------------------------------

いざアプリを購入してみると、あっけないぐらい簡単に購入できた。Vプリカのルールとして、有効期限が「購入後1年を経過したその月の月末」と設定されているほか、最後にVプリカを利用した月から3カ月未使用だった場合、未利用残高の管理費用として翌月25日に月額125円の維持費がかかる点。そして、購入(チャージ)手数料がかかる(500/1,000円は100円。3,000円以降は200円)ことは覚えておこう。
利用した感じでは、親が貸し与えるスマホのアプリ購入手段としては、使い勝手がよさそうだ。今回はGoogle Walletを対象としたが、その他のオンラインショッピングにも利用できるので、アカウントをひとつもっておくと便利かもしれない。

(マイナビニュース  -2012年8月22日)
--------------------------------------------------

前払いのVISAカード

Vプリカという、プリペイドカードがあるそうです。
ネットショッピングでVISAカードとして使うことができるプリペイドカード。
クレジットカードだと、もし情報が何かの原因でもれた場合、その後の支払いがどんどん進められてしまうのですが、こちらはプリペイドカードなので、額は決まっているわけですよね。
その金額内での買い物をしていって、超えると、払えなくなるのがプリペイドカードですから、
万が一の場合の被害が最低限で済むわけですね。
サーバのセキュリティは、できるだけ万全にしておいても、いつかはこわれたり、破られたりするものということで、その「いつか」にいかにうまく対応するかが問われている現代ですよね。
Vプリカなら、難しい要求を満たしてくれそうですね。

------------------------------------------------

現在、オンラインで買い物をする場合の支払い方法として「PayPal」が普及してきたが、とはいえ、やはりポピュラーで、どこでも買い物ができるのは、クレジットカードだ。最近は、クラウドサービスから情報が消えただとか、クレカ情報が大量にリークされただとか、オンライン系のトラブルをよく耳にする。ただでさえ、クレジットカードの不正使用事件は身近な話題なのだが、そのリスクは増える一方なのは困った事態だ。
そんななか、最近、「Vプリカ」というバーチャルプリペイドカードの存在を知った。クレジットカードの話をしてるのに、何で「プリペイドカード」なんだよ!と思う方もいるかもしれないが、この「Vプリカ」、何とVISAカードとして使うことができるプリペイドカードで、つまり、VISAカードで買い物ができるサイトで、VISAカードとして使うことができる。これには驚いた。

(@DIME - 2012年7月19日)
--------------------------------------------------
ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ