ネット銀行は、預貯金というよりは、
日ごろのちょっとしたネット上の支払いに、ゆうちょ代わりに利用したり、
積立投信の支払いに利用したりと、
ちょこっと使うことが多いです。

預貯金が多い場合は、定期預金金利の優遇とかを上手に使うと、
少しずつ得できる感じなのですね。

特に新生銀行は、
預金や、取引状況に応じてサービス内容が変わるプログラムがあって、
それだと、
振込手数料の無料だとか、金利優遇があるそうです。

他行への振込は、地方銀行だと他支店であってもとられる場合が多いので、
無料にしてくれるのは大きいですね。

他行への振込手数料って件数が多いと結構な負担になりますから、
こういうサービスを設けている銀行を利用して負担を少なくするのはいいかもですよね。
 
------------------------------------------------------------
■預貯金が多い人には……【新生銀行】
 新生銀行には、預金などの利用や取引状況に応じてサービスの内容が変わる『新生ステップアッププログラム』が用意されている。具体的には「新生スタンダード」「新生ゴールド」「新生プラチナ」という3つのステージに分かれており、一定の条件を満たすと、他行宛て振込手数料が無料になったり、定期預金金利が優遇されたりする。

◆各ステージのおもな条件(いずれか一つの条件を満たせばOK)
「新生プラチナ」
・預け入れ総資産の月間平均残高が2,000万円以上
・所定の投資商品の月琴平均残高が300万円以上
・住宅ローンの利用
「新生ゴールド」
・預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上
・所定の投資商品の月間平均残高が30万円以上
・普通預金、2週間満期預金の月間平均残高が100万円以上
「新生スタンダード」
・「新生プラチナ」「新生ゴールド」以外の方
「新生プラチナ」の条件はなかなかハードルが高いが、「新生ゴールド」であれば、条件を満たすのもそう難しくはないだろう。

(47NEWS 2015年6月28日)
--------------------------------------------------------------