お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

みずほ銀行

みずほ銀行のデビット決済

先日、LINEPayの登録のとき、
自分の銀行口座をはじめて紐付けたのです。

そのとき、ああこれを直接、
銀行からチャージするという感じなのかと理解した気がしました。

カード経由とかではないので、
口座からすぐ引かれるのですよね。

やったことがなかったけれど、
これだと来月の支払いとかを計算し直す手間もいらなくて、
お財布代わりと思えば、
引き出す手間がなく便利だなと思いました。

みずほ銀行では、Androidで、
スマホでデビット決済が可能なサービスをはじめるそうです。

LINEPayに紐付けるとかですらなく、
デビットカード同様、
スマホで直接銀行から持っていかれるなら、
借金になる心配がなくて安心ですよね。

ただ、みずほは時に、
システムダウンとかしていた記憶があり・・
まあもしかしたら、そういった経緯があるからこそ
強化された部分もあるでしょうから、
そこに期待してサービスを受けるのもよいかなと思います。

----------------------------------------------------------

対象期間中に、「みずほWalletアプリ」をダウンロードし「Smart Debit」を新規発行のうえ、「QUICPay+(クイックペイプラス)」加盟店各店舗でご利用いただくと、ご利用金額の20%(最大10,000円)がキャッシュバックされます。

(PR TIMES (プレスリリース)-- 2019年8月28日)
-------------------------------------------------------------- 

大手銀行主導の電子マネー誕生

電子マネーというと、流通系、交通系が思い浮かびますね。

中でも、WAON、楽天Edyなどがまっさきに思い浮かぶのは、
やはり、自分が使っているから。

ということは、いつもSuicaを使っているなら、
Suicaが思い浮かぶんでしょうね。

Suicaはわたしの住んでいる地域では
交通機関では使えないので頭には浮かびにくいのです。

みずほ銀行が今度、スマートフォンを使った新たな電子マネーをはじめるとか。

金融機関ではフィンテックという、
改革の大波が打ち寄せていますので、
これからどんどん新しいサービスが生まれてきそうです。

海外への送金も、手数料が格段に安くなり、
送金までの時間も格段に速くなると言われています。

海外送金の手数料が安くて速いと言えば、
米国のeBayの子会社であるペイパルがかなり前からやっていることですよね。

そして、スマートフォンを使った電子マネーも、
中国やインドでは急速に広がっているサービスです。

日本の大手金融機関も、
フィンテックという大波と、
国債の利幅が激減する中で
新たなサービスをやつと積極的にやろうとしているということなのかも。

------------------------------------------------------------

 みずほ銀行が、IT企業のメタップスと連携し、スマートフォンを使った新たな電子マネーのサービスを今夏から始めることが14日、分かった。大手銀行が電子マネーを主導するのは初めて。5月にも事業を運営する新会社を設立する。14日午後に発表する予定。

 大手銀では、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨の開発を進めるなど、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」への取り組みに躍起になっている。みずほも電子マネーを手掛けることで、フィンテックの分野で主導権を握りたい考え。

 新たな電子マネーは、独自に開発したスマホアプリを用いて、簡単に支払いを完了させる仕組みだ。

(高知新聞-2017年4月14日)
--------------------------------------------------------------

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ