お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

キャッシュレス関連

キャッシュレスは年代関係なし

学生にも高齢者にも、
キャッシュレス化の波がはげしく押し寄せていると、
レポがのっていました。

その中で学生は、
もはや本当にお財布も持たない人もいるようですね。

わたしは、お財布はさすがにおいては来れません。

現金でしか決済できないお店もあるし、
よくいくところがそれほどキャッシュレスになっていないと、
やはりお財布を置いてくるまで徹底することは難しいです。

でも高齢の方もかなりキャッシュレスが進む場合があって、
それはやはり、使うメリットがあることですね。

ポイント制などなじめるのかと思う方もいるかもですが、
スタンプやシールをためて割引を狙うのは、
昔からある考え方なので意外と違和感なく利用するのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------

“キャッシュレス大学”の学生は所持金0円
最初に向かったのは、大阪府東大阪市にある近畿大学。約3万人の学生が通うこの大学で、2019年9月にオープンしたばかりだという食堂へ行ってみると…

横山ルリカ リポーター:
レジがキャッシュレス専用レーンと、現金の専用レーンに分かれているんですね!ちょうど今、キャッシュレスで支払いしている方がいらっしゃいます

(www.fnn.jp-- 2019年11月28日)
--------------------------------------------------------------
 

QR決済とクレジットカード

スマホ決済のアンケートが更新されていたようなのですが、
なんだか思ったよりもQR決済が使われているようですね。

ただ、中国などで普及していたという、
自分でQRコードを読み取って決済というより、
店員にQRコードを読み取ってもらうパターンが多くなっているそうです。

これは文化の違いかもしれませんね。

レジでの決済がどのくらい前からああなったのかは知りませんが、
日本人はやはり、人にやってもらうことを
サービスのひとつと考えるようです。

自分でもやれるけど、
お店に来ているからやってもらいたい、
というような、人にやってもらってこそのサービス、
という視点があるのですね。

QRコード決済はポイントがたまりやすい、
ポイント還元などのサービスが多いため、
そのような印象が抱かれている様子。

これから、増税の対策として
クレジットカードでの還元が行われていくようですが、
その際には、いざ支払う段になって
ちょっと損した気分とかにならないように、
自分の決済方法だとどの手段がいちばんいいか、
お得感があって使い勝手もいいか、
ちゃんと見定める必要がありますね。

----------------------------------------------------------

各決済手段の利用意識では、電子マネー/スマホ決済の中では、QRコード型はポイントの貯まりやすさがメリットとして浸透している。

スマホ決済(QRコード型)でみると、セキュリティに対する不安が一部挙がるものの、ICカード型の電子マネー・スマホ決済(タッチ型)に比べて、「ポイント還元」にメリットを感じやすい傾向が見られた。

(流通ニュース-- 2019年9月9日)
--------------------------------------------------------------

ShuFoo!利用者のキャッシュレス

チラシサイトのshufoo!
利用している人はかなりいるようです。

私は意識してアクセスして見るということはないのですが、
ドラッグストアのチラシを見たいと思ってネットで探すと、
shufoo!だったということがあります。

そのshufoo!の利用者の方々に、
キャッシュレス決済とポイントカードの意識調査を行ったとか。

チラシをいつもチェックしている人たちのキャッシュレス決済ですから、
いろいろ有利になるよう考えているのでは?と思ったのですが、
1ヶ月で1回以上利用する決済方法で、
クレジットカード決済が71.4%。
かなりの人たちがカード決済に集約しているのですね。

思ったより、電子マネー利用の人の頻度が少ない気がしますね。

決済方法もひとつにまとめたほうが
お得だと思っている方が多いのかも?

----------------------------------------------------------

運営する国内最大の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」を利用する全国の既婚女性6940人の消費者を対象に、キャッシュレス決済とポイントカードに関する意識調査を行ったもの。

キャッシュレス決済の利用頻度を尋ねたところ、1カ月に1回以上利用する決済手段では、クレジットカードが71.4%で最多となった。

以下流通系電子マネー53.0%、交通系ICカード31.7%、後払い式電子マネー8.4%となり、QRコードを利用したコード式は6.6%に留まった。

(流通ニュース- 2019年5月10日)
--------------------------------------------------------------

キャッシュレス決済とポイント還元

キャッシュレス決済の時に
ポイントを還元する、というのは、
消費税の値上げとか、
その後決まってきた、オリンピックまでの期間、
ポイント還元をするといっていたもののことでしょうね。

個人的には、
最近のお金に関するニュースは
いろいろと、よくわからないというか、
なぜそうするのかぴんとこないことが多いです。

消費税が上がるのは仕方ないと思いますが、
それをポイント還元する、という発想は
それで正しいのでしょうか。

ポイントが還元されるためには
それなりに買い物をしないと、還元にはなりません。

消費税のアップが如実に問題になる貧しい人にとって、
ポイント還元に期待するような多額の消費はないのです。

ポイント還元がどんなかたちのものであっても、
それが少しでも経済的に打撃を薄めることにつながるのか、
疑問に思います。

----------------------------------------------------------

  A 資本金五千万円以下の中小企業、個人が経営する商店や飲食店などがキャッシュレス決済に対応していれば、利用したサービスのポイントプログラムを通じて支払額の5%分のポイントが加算されます。コンビニなど個人商店が大手チェーンの看板を借りる「フランチャイズ」店は、大手企業の支援を受けているとして2%の加算にとどめます。ポイント加算の代わりに、店頭で割り引く仕組みも認めます。消費税率が上がる来年十月から、二〇二〇年六月まで九カ月間の期間限定です。

(東京新聞 2018年12月22日)
-------------------------------------------------------------- 

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ