お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

スマホ決済

即時支払のOrigamiPayについて

Origami Payという決済方法、
名前は結構聞くのですが、
実際に加入する勧めとかは出たことがありません。

これはどういったものなのでしょう?

キャンペーンがあって、
消費税が10%になるときから開けて1月まで、
支払った金額の3%をその場で値引き、
カードの場合は1%の値引き、というのだそうです。

しかし肝心のOrigami Payがわからないです。

それで調べてみましたが、
株式会社Origamiが運営しているのですね。

チャージせず、銀行口座と紐付けることで、
ポイント還元ではなくて即時割引になるのは特徴的だし、
現金派の人にも使い始めやすいのではないでしょうか。

ただ、コンビニでの利用が、
セブンとファミマがだめだそうで、
それだと地方都市ではファミマ率の高いところも多いため、難しいかも。

しかし今後、いっそう拡大していく感じだと思うので、
さまざまなPayでどれを利用したらいいかわからなくなっている人には、
待って、それにするというのもありかもしれません。


----------------------------------------------------------

2019年10月1日(火)より、スマホ決済アプリのOrigami Payで最大8%お得になるキャンペーンが開催される。

キャッシュレス・消費者還元事業との併用を前提としたキャンペーンで、利用金額の最大5%をポイント還元、3%を値引き。

利用金額から値引きしてくれるOrigami Payならではのサービスなので、普段は他のスマホ決済アプリを使用している人も必見の内容になっている。

(大人のクレジットカード-- 2019年9月24日)
--------------------------------------------------------------

QR決済が激増していく

このところ、QRコード決済が激増しましたよね。

PayPayがまず皮切りで、
話題になったのはまず、
利用することで発生するキャッシュバック。

合計で億単位のキャッシュバックがあるということで、
まずQRコード決済の知名度をあげるのに貢献したと思いますね。

ただ、紐付いているのが
普段は利用していないTポイントだったので、
あまりきちんと使うには至りませんでしたが。

しかしスマホ決済は便利なものだ
という感覚は得られたと思います。

あと、小規模小売店でも
導入しやすいというのがあるので、
いつも使っているお店で利用が開始されたりしたら、
導入の敷居が低くなると思います。

だんだん、順調に利用者が増えていきそうですね。

----------------------------------------------------------

2019年10月に予定されている消費税率の引き上げと関連する、QRコード決済や電子マネー決済などが対象のポイント還元政策も、利用者数の増加に寄与している。これと平行して、QRコード決済は「Suica」などの「FeliCa」系電子マネー決済より店舗への導入が容易なこともあり、使える場所も増えた。

(Beyond(ビヨンド)-- 2019年8月7日)
--------------------------------------------------------------

はなまるうどんの電子マネー導入

はなまるうどんは、
人気のあるうどんチェーン店ですね。

はなまるうどんでは、オリジナルの電子マネー導入ではなく、
一般的に利用が進んでいる電子マネーが導入されてきたそうです。

スマートフォンなどのモバイル端末で
バーコードを読み取る決済も導入したPOSレジ導入。

中国の方ではバーコードによる
モバイル決済がたいへん進んでいると聞いています。

はなまるうどんに来る中国からのお客さんのためには、
とってもよい導入に思います。

日本ではこのQRコード方式、
なかなか普及していないような気もしますが、
中国の方が多く利用するところには実は導入、
進んでいるのかもしれませんね。

ほか、交通系ICカードやWAON、iDなど、
一般的な電子マネーが順次導入されるのだそうで、
便利さが加速していきそうですね。

----------------------------------------------------------

はなまるでは、「非接触型IC電子マネー」のほか、スマートフォン等のモバイル端末に表示したバーコードを読み取って決済するモバイル決済サービス」に対応した新POSレジへの切り替えを順次行うという。また、中国のモバイル決済サービス2ブランドに対応することにより、訪日外国人観光客の更なる利便性向上を図るそうだ。

(ペイメントナビ(payment navi)- 2019年4月19日)
-------------------------------------------------------------- 

メルペイとセブン提携クーポン

たまたま、メルカリで最近お買い物して、
一度出品して売れたし、調子づいて、
メルペイの登録もしてみました。

きっかけは、出品したものがポイントで入って、
それが、ポイント変更しなくても、
銀行口座を紐づけるとそのまま使える、
と書いてあったからです。

iDになるみたいですね。

銀行からチャージして使えるなら便利です。

iDが使えるお店はかなり多いので、
これまで電子マネー利用をあきらめていたお店もいけそうです。

あと今話題の、セブンイレブンとの、
おにぎりが11円で買える提携クーポンは
さっそく使ってみたいと思います。

それにしても、最近のスマホ決済の
キャンペーン合戦はすごいですよね。

いまのところはメルペイを使っていますが、
他のスマホ決済も興味はあります。

----------------------------------------------------------

 セブン-イレブン・ジャパンとのタイアップは、「メルペイ」の新しいクーポン機能の目玉。開始日の3月29日~4月14日23時59分の期間中、1回限り、200円以下の好きなおにぎり1個を税込11円で購入できるクーポンを配布する(上限枚数に達し次第、終了)。続けて4月15日10時からも、200円以下の揚げ物が同じく税込11円で購入できるクーポンを配布する予定。

(BCN+R- 2019年4月4日)
--------------------------------------------------------------

ケーズデンキのスマホ決済

ケーズデンキは、家電量販店の中では、
現金値引きで新製品が安いというCMをうって、
ほかの量販店が○○ポイント、〇〇カード、
とサービスを競う中、
唯一がんばっている感じだったのですが、
スマホ決済の推進もはじめたようですね。

いま、7種類のスマホ決済アプリが使えるそうです。

中でも、PayPayは利用価値が大きそうです。

キャンペーンをやっている期間なら、
最大1000円ですから、5000円で1000円がキャッシュバックされるとか。

5000円なら、なにかのアクセサリ関連とかで結構ありそうですよね。

d払いも、ポイント還元があるそうなので、
利用できる人は要チェックです。

今後はこんな感じで、
決済金額に応じたキャッシュバックキャンペーンなどを
うまく利用していくのが、
大切になっていきそうだと思います。

----------------------------------------------------------

合計で7種類のスマホ決済アプリが利用できるケーズデンキだが、今利用するなら「PayPay」か「d払い」をおすすめする。

「PayPay」は第2弾100億円キャンペーンを開催中で、利用金額の最大20%が「PayPay」残高として還元される。(ただし、還元の限度額は一回の買い物につき1,000円相当まで)

また「d払い」も還元率40倍(20%還元)キャンペーン中で、通常は利用金額の0.5%しか付与されないポイントが、キャンペーン期間中は40倍の20%も付与される。

(大人のクレジットカード- 2019年3月6日)
-------------------------------------------------------------- 

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ