分野に特化したものなど話題にのぼることが増えている不動産投信ですが、

三菱UFJ投信では、新しいETF(上場投資信託)「MAXISJリート上場投信」を上場するそうです。

三菱UFJ投信には「MAXIS」というETFのブランドがあるのだそうで、
そのJリート上場投信は、不動産投信市場全体の値動きを表す株価指数に連動するそうです。

今後、特に東京は、東京オリンピックを控えて不動産需要が高まっていくと予想されていますし、
不動産へ投資したいと考えている方はこういうJリートへ投資するということを考えてもいいのではないでしょうか。

それに、この「MAXISJリート上場投信」は、
投資信託ですので、投資信託を購入している方で、
リスク分散のために投資先を分散しておきたいとお考えの方にも、
不動産へ投資するという時の投資先として検討して良いのではないでしょうか。

-----------------------------------------------------
2月25日、東京証券取引所に上場
三菱UFJ投信は2月25日、新しいETF(上場投資信託)「MAXISJリート上場投信」を、東京証券取引所へ上場する。

「MAXISJリート上場投信」は、三菱UFJ投信のETF「MAXIS」ブランドの第10弾。追加型投資信託で、国内の不動産投信(J-REIT)市場全体の値動きを表す株価指数である、「東証REIT指数」に連動する投資成果を目指す。

(不動産投資ジャーナル 2014年2月9日)
----------------------------------------------------------