お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

2019年11月

キャッシュレスは年代関係なし

学生にも高齢者にも、
キャッシュレス化の波がはげしく押し寄せていると、
レポがのっていました。

その中で学生は、
もはや本当にお財布も持たない人もいるようですね。

わたしは、お財布はさすがにおいては来れません。

現金でしか決済できないお店もあるし、
よくいくところがそれほどキャッシュレスになっていないと、
やはりお財布を置いてくるまで徹底することは難しいです。

でも高齢の方もかなりキャッシュレスが進む場合があって、
それはやはり、使うメリットがあることですね。

ポイント制などなじめるのかと思う方もいるかもですが、
スタンプやシールをためて割引を狙うのは、
昔からある考え方なので意外と違和感なく利用するのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------

“キャッシュレス大学”の学生は所持金0円
最初に向かったのは、大阪府東大阪市にある近畿大学。約3万人の学生が通うこの大学で、2019年9月にオープンしたばかりだという食堂へ行ってみると…

横山ルリカ リポーター:
レジがキャッシュレス専用レーンと、現金の専用レーンに分かれているんですね!ちょうど今、キャッシュレスで支払いしている方がいらっしゃいます

(www.fnn.jp-- 2019年11月28日)
--------------------------------------------------------------
 

ビッグエコーと交通系電子マネー

カラオケ屋さんは、
電子マネーのニーズはとても高いと思います。

利用者の年齢層も広いし、
大人数で利用することが多いので、
電子マネーで分けて支払うのも、
やりやすそうですね。

ビッグエコーでは、
21日から交通系電子マネーが利用できるようになったとか。

すでに、paypayやLINEpayなどほかの
スマホ決済には広く対応しているうえのことなので、
便利さがあがる方が多いことでしょう。

駅に近いビッグエコーなら、
交通系電子マネーでそのまま利用したい人はたくさんいると思います。

チャージをいろんな電子マネーにしなくてはならないというのは、
電子マネーの管理という面からいっても不便ですから、
Suicaできた人がそのままSuicaで決済できるのはうれしいですね。

----------------------------------------------------------

全国のビッグエコー(西新宿センター店、葛西店、行徳店除く)において11月21日(木)より、交通系電子マネーが利用できるようになりました。
対応する交通系電子マネーはKitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんの9種類です。

なお、ビッグエコーではPayPay、LINE Pay、楽天ペイ、メルペイ、d払い、au PAY、Alipay、WeChat Payといったスマホ決済サービスにも対応しています。

(BITDAYS-- 2019年11月22日)
-------------------------------------------------------------- 

電子マネーの現金化とは

クレジットカードの借金枠を「現金化」するとは、
確か、その枠いっぱいで買い物をして、
それを買い取って現金に換える、
というものだった気がします。

この前の3月に、
電子マネーの「現金化」でだまされた女性がいるそうなのですが、
電子マネーというのは、どうやって現金化するのでしょうね?

同じ感じなのでしょうか。

その電子マネーを得るためには
その分支払いをしなくてはならないはずなので、
カードの借金枠とは違う気がするのですが・・

後払いの電子マネーとか、
そういうことでしょうか。

いまひとつ仕組みは想像できませんが、
「現金化」というのにまともなものはないと、
思ったほうがよさそうですね。

----------------------------------------------------------

2019年3月、タイを拠点とした特殊詐欺グループが摘発された事件で、国内で電子マネーを現金化していたとみられる男8人が、警視庁に逮捕された。田中巌容疑者(44)ら8人は2019年3月、福井市の女性(50代)に電子マネーを購入させ、30万円相当をだまし取った疑いが持たれている。

田中容疑者らは、タイからうその電話をかけていた「かけ子」らが被害者から聞き出した電子マネーの情報から、およそ7,500万円を国内で現金化したとみられている。

(www.fnn.jp-- 2019年11月13日)
-------------------------------------------------------------- 

ニーズ別おすすめETCカード

ゴールデンウィーク真っ最中ですね。
クルマで旅行に出かけられている方も多いと思います。

クルマで旅行するとなると高速道路を使うことも多くなりますが、
高速道路走行はやはりETCで走行した方が、
通行料金が割安なんってお得です。

以前ほど割引率は高くはないですが、
ETC割引を利用した方がやはり安いです。

ETCで高速道路を走るには、
クルマにETC車載器を取り付けて、
通行料をクレジットカードから支払うための「ETCカード」が必要です。

そこで、紹介したいのがETCカードのサイトです。

こちらの「ニーズ別おすすめETCカード 年会費無料」は、
私の友人が自身のETCカード選びの体験をもとに作ったETCカードのサイトなんですが、
これからETCカードを作るという人には、
かなり参考になると思います。

個人的にはENEOSカードや出光カードまいどプラスがおすすめてかな。

カゾリンや軽油の値引きがあるので、
家計の節約にもなるんですよ。

決済サービスサポートという仕事

キャッシュレス決済は
消費者と店舗だけの問題かと思えば、
採用にまで影響するようです。

キャッシュレス決済で
何パーセントか還元される時期が決まっていますが、
その間にできるだけ買い物をしようという動きもたぶんあって、
いま、キャッシュレスでの買い物をする人と、
それに伴う求人が増えているとか。

処理端末の営業や、
決済そのもののスタッフ、
決済サービスの案内をする営業と、
さまざまな人がさまざまなシーンで、
端末をめぐって人材となっているのは、
経済効果としては予測されていなかったかもしれないですが、
悪くないと思います。

携帯電話、スマートフォンも、
導入当時にサポートする人などがどっと採用されましたが、
普及する時期だけではなく、
今になってもやはり苦手な人というのは一定数いて、
そういう方をサポートする仕事もあり続けているので、
決済サポートという新たな仕事が生まれても、
不思議ではないですね。

----------------------------------------------------------

キャッシュレス決済のポイント還元制度の導入をきっかけに、処理端末の営業などに関わる人材の需要が急増している。決済サービス提供会社が人材を大量に採用したほか、人材派遣会社もスタッフの募集を続けている。消費増税から1カ月が過ぎても引き合いは依然強い。人手不足感から時給も上がっている。

(日本経済新聞-- 2019年11月6日)
-------------------------------------------------------------- 
ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ