お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

2018年05月

クレジットカードの税金支払いの利点

クレジットカードでの納税が、
最近かなりメジャーになっているようですが、
納税のために少し手数料がかかるのが、
ちょっと納得いかないところだったりします。

でも、手数料がかかっても、分割払いができるとか、
リボ払いができるのがメリットと思える人も多そうです。

数万になると今は出したくないということもありますよね。

先送りにできたらいいなとか、
とっておけなかったから分割にするかどうかあとで考えたいような人には、
手数料のかかるカード払いも悪くないかもしれません。

リボ払いや分割払いで手数料を支払いたくないなら、
ボーナス払いがいいかもしれませんね。

ボーナス一括払いなら
手数料がかからないはずです。

----------------------------------------------------------

年1回の自動車税などを毎月の支出に含めると大きな金額となるので、納付時期までに積み立てておいたり、ボーナスなどから取り分けておくと、慌てずにすみます。この時期、「大型連休でレジャー費を使いすぎた!」という事態で納付がどうしても苦しい場合、クレジットカード納付で家計からの支払いを若干延ばすことができます。さらに、分割払いやリボ払いで、少しずつ税金を納めたり、毎月1万円などの定額払いにすることも可能です。ただし、分割払いとリボ払いはどちらもカード会社への手数料が別に発生するので、納税方法としては損。できれば先にためてから支払いましょう。

(livedoor 2018年5月14日)
--------------------------------------------------------------

ポイントの一番有効な使い方

このごろ、クレジットカード利用でためたポイントの
ポイント交換等での使い方が多様になってきましたね。

以前のいちばんお得な使い方は、
ポイントを得たサービス内で、
買える商品や使えるサービスの料金と交換することでした。

その後、相互のサービス間でポイント交換ができるようになり、
等価の交換だったり、レートがあったりと、
それぞれのよいところを利用者が図りあって利用する、という感じです。

それが、ついにポイントで投資信託までできるようになってきて、
これはもう資産といえるのではないか、というお話もあります。

わたしはポイントを投資に使おうとはあまり思いません。

流動的な買い物で生まれてきたポイントを上手に使って、
我慢していたモノを買うとかに使うのがいちばん、
私にとってはそれが一番自分に合っているポイントの使い方かなと思っています。

----------------------------------------------------------

これだけ手軽に増やすことができるのであれば、もはやポイントは可処分所得と認識したほうがいいのではないか。可処分所得とは、給与やボーナスといった個人の収入・所得から、税金や保険料などを差し引いたおカネのこと。平たく言えば、自分の手元に残るおカネのことだ。キャッシュレスに対応することは、可処分所得を増やすチャンスなのだ。

(東洋経済オンライン 2018年5月12日)
--------------------------------------------------------------

ミライノカードのポイント還元

クレジットカードのゴールドカード、
いまはけっこう敷居がさがってきたようで、
年会費があまり高くないゴールドカードがたくさん発行さけている、
それぞれおすすめのメールをたくさん送ってきています。

いちばん検討しやすいのは楽天カードで、
会員になるメリットもあると思うのですが、
やはり年会費がそれなりにかかるので、
ちょっとためらっているところです。

ミライノカードGOLDは、
月間利用額1000円で5ミライノポイントを貯められるとのこと。

1ポイント1円ということですから、
還元率は0.5%、
ゴールドカードとしては還元率が高くないですね。

ミライノカードは住信SBI銀行のクレジットカードなので
ミライノポイントを住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換可能で、
これに交換することで、1ポイントの価値を上げられるようです。

住信SBI銀行は、今や、
ネット銀行の中で口座数NO1になっているので、
住信SBIネット銀行のユーザーさんで
ミライノカードをお持ちになるのなら、
こういうポイントの使い方があると覚えておくといいのでは。

----------------------------------------------------------


 「ミライノ カード GOLD」を利用すると、月間利用額1000円につき5ミライノ ポイントを獲得でき、「1ミライノ ポイント=1円」として支払総額から差し引くことができる。例えば、3000円のクレジット利用があり、1000ミライノ ポイントを交換した場合、2000円の支払いとなる。いわゆる“キャッシュバック系クレジットカード”なのだが、還元率は0.5%と高くない。

 ただし、この「ミライノ ポイント」を住信SBIネット銀行の「スマプロポイント」に交換すると、「1ミライノ ポイント⇒2スマプロポイント(交換は1000ポイント以上100ポイント単位)」になる。例えば、1000ミライノ ポイントを保有している場合は、2000スマプロポイントに交換できる。

(ダイヤモンド・オンライン 2018年5月1日)
-------------------------------------------------------------- 

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ