お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

2017年02月

Tマネーに新サービス

Tカードはかなり使っていますし、
最近は、ソフトバンクユーザーを優遇するポイント付加があったりもして、
使うときが増えました。

しかし、私は、Tマネーをいまのところ使っていません。

電子マネーとしてはちょっと後発で、
いまひとつ使いどころがわからないまま、
というか、いまのままで困っていないので、
新しい電子マネーを入れる気にならないんですよね。

すでに使用しているTカードに、
そのまま現金をチャージできるのが魅力とか。

今度あたらしくサービスが追加され、
事前に設定した金額をTマネーが下回ったら、
Tマネーがチャージされるオートチャージと、
ユーザーが自由にチャージできるクレジットチャージと、
2つ便利機能が増えたそうです。

Tポイントは、Yahooカードに付属しているものもあるし、
合体すればよいのか、そうじゃないほうがいいのか、
ちょっとわからなくなってきました。

Tマネーの導入もあわせて検討したほうがよいのかも?

------------------------------------------------------------
Tマネーとは、Tカードに電子マネー機能を追加したプリペイド型の電子マネーサービス。特別な手続きの必要がなく、既に所持しているTカードにそのまま現金をチャージすることができるほか、Tカード1枚で共通ポイントと電子マネーの利用が可能だ。

開始する新サービスでは、事前にユーザーが設定した残高を下回った場合に自動でTマネーがチャージされる「オートチャージ」と、ユーザーの好きなタイミングでWeb手続きを行いチャージできる「クレジットチャージ」の2種類を展開。

これにより、従来の店頭での現金チャージに加え、クレジットカードからのチャージが可能となり、残高を心配することなく、ますます便利にTマネーを利用することができる。

(マイナビニュース 2017年2月21日)
--------------------------------------------------------------

インドでは電子マネーアプリが普及

外国の話ですが、インドでは、
急速にキャッシュレス社会が進んでいるとか。

以前新聞で読みましたが、
インドは大きな額の札をいきなり廃止して混乱が起こり、
そういう背景もあり、電子マネー、スマホ決済のアプリが普及していて、
さまざまな決済を現金を持たなくても行うことができるようになったようです。

タクシーも配車サービスで、支払いはクレジットとのこと。

インドは一部の高度な教育を受けた層と
一般的な社会に隔たりがあるような印象が、
古いかもしれないけれども、あります。

それはもはや古くて、高度教育&富裕層とかその逆というよりは、
生活文化が新しいほうへ更新されている層と、
立ち遅れている層になっているのかも。

それと、政府の発行する通貨への不安も、
電子マネー利用へと促しているもう一つのエンジンになっているのでは。

------------------------------------------------------------

また、サラームは昨年末から年明けにかけ、2年ぶりにデリーを訪れていたのですが、そこで驚いたことは「急速なキャッシュレス社会」だったそうです。昨年11月に、旧500ルピーと旧1000ルピー札がなくなり、新しい500ルピー札と2000ルピー札が作られましたが、「インド全土への普及には時間が掛かりそうです」とサラーム。銀行には長蛇の列ができる一方で、電子マネーとスマホ決済のフィンテック系アプリが普及したため、サラームも現地で現金をほとんど使うことなく快適に過ごしたそうです。タクシーも配車サービスの「Uber」を利用し、支払いもクレジット。日常の買い物も屋台以外はカード決済で済んだそうで、音楽にとどまらず、本気でキャッシュレス社会を推進しているという“インドの今”を感じさせてくれるエピソードを数々紹介してくれました!

(ガジェット通信 2017年2月12日)
--------------------------------------------------------------

電子マネーカードが読めなくなったら

au WALLETカードが読めなくなったりすると焦りますね。

クレジットカードが読めなくなったこと、わたしもありました。

そうなると、最初は、そんなはずはないという気持ちが働くので、
何度か読み直してもらったりするのですが、
いよいよ読めないと店員さんも困ってくるし、
支払い手段がほかになかったりすると、ほんと困ります。

電子マネーが読めなくなったら、
は考えたことなかったですが、
基本はクレジットカードと同じで、
運営の会社にお願いしてなんとかしてもらうでしょうね。

電子マネーカードの種類が最近増えてきて、
お財布の中が混んでいるので、
実際、ちょっと心配になります。
 
------------------------------------------------------------

 昨年末、店頭で「au WALLET」のPOP(広告)を見かけたので、久しぶりに使ってみようとしたら、なぜか読めない。店員さんがカードの磁気テープの部分を拭いてみたりしたんだけど、どうも読めないようで、結局、その場は他のクレジットカードで支払った。

 クレジットカードなどの磁気テープが読めなくなるのはままあることなので、すぐに再発行を依頼することにした。クレジットカードなどの場合はお客さま窓口などに電話で連絡して、再発行を依頼するけど、au WALLETプリペイドカードも基本的には同じ。au WALLETカードお問い合わせ窓口に電話をかけて、再発行を依頼する。

(マイナビニュース 2017年1月30日)
--------------------------------------------------------------

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ