お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

2016年04月

永久不滅ポイントとnanaco・セブンの紐づけ

永久不滅ポイントは、利用する期限がないので
ずっとためられるポイントとして有名です。

ただ、なぜかわたしは使っていません・・
セゾン系でお買い物する機会がないので、ちょっと使いにくいんですよね。

どうしても系列のカードで買うほうがポイントを利用しやすいので、
そちらを使ってしまいます。

それに、ポイントの有効期限がないというのは、
私自身にとってはそれほどメリットではなかったり・・

というのは、高額なものを買うことがあまりないので、
400ポイント程度たまったら少し使うというような、
手軽な利用ができるほうが、自分としてはありがたいのです。

ただ、今回知ったのですが、
セゾンカードとnanacoを紐づけると、
イトヨとセブンでのポイントもたまって、
両方にとってお得なのだそうです。

あと、確か、モールを通じてネットショッピングすると、
ポイントが倍付になるとかもあるはずですね。

でも、やっぱり私には向いていないかなというのが正直なところです。

------------------------------------------------------------
       
セゾンカードのオンラインサービス「ネットアンサー」にnanacoのカード番号を登録します。その状態で、イトーヨーカドーやセブン-イレブンではnanacoではなくセゾンカードで支払います。

そうすると、セゾンカードの永久不滅ポイントに加え、nanacoのポイントが同時に貯まるのです。もちろん、ボーナスポイント対象商品の場合は、そのボーナスポイントも貯まります。

具体例を出して説明すると、イトーヨーカドーで2000円の買い物をしたとします。この買物をセゾンカードで支払うと永久不滅ポイントが2ポイント貯まります。nanaco番号を登録している場合は、さらにnanacoポイントが20ポイント貯まるという事です。

紐付けなければ、どちらか一方のポイントしか獲得できませんのでお得なサービスです。

(日刊アメーバニュース 2016年4月19日)
--------------------------------------------------------------

新しい共通ポイント「WAON POINT」

WAONはもうインフラのように普及していますね。

使えるお店はたくさんあるし・・
ただちょっと面倒なのは、
たまったポイントを電子マネーに変換するのが、
ちょっと・・

今度、そのWAONが共通ポイントを開始するとか。
それに伴って、電子マネー機能がないWAONポイントカードも発行するようです。

ということは、イオンで使える電子マネーWAONとはまた別に、
幅広いお店でポイントをためられるってことですよね。

そうすると、WAON限定ではなく、
たまったポイントを手軽に使えるようになると思うので、
ちょっとうれしいです。

Tポイントなどは携帯電話の代金で知らないうちにたまっていたりして、
とても使いやすいので、
あのくらい汎用的なポイントサービスになったらいいなと思います。

------------------------------------------------------------
       
イオンは4月9日、新たな共通ポイント・サービスである「WAON POINT」を2016年6月から順次開始すると発表した。 同サービスの開始に合わせ、現金での買い物にも対応し入会金・年会費無料の「WAON POINTカード」を新たに発行し、これまでグループ各社で運営していた延べ会員数約1億人・カード57種類という会員組織を順次統合していくとのこと。

さらに、家族間でのポイント合算や友達へのポイントのプレゼントなど、便利で楽しい仕組みも新たに提供するとのこと。また、行政やインフラ、交通、地域の商店街などとの提携を推進し、社会性・公共性に優れ、地域社会の基盤となるような共通ポイント・サービスを目指すとしている。

(マイナビニュース 2016年4月12日)
--------------------------------------------------------------

マイルがお得に貯まるAIRDOカード

クレジットカード利用でマイルをためている人は多いですね。

出張が多いとか、飛行機利用が普通にある人ならわかりますが、
ポイントがわりにためている人も周りにいたりします。

ANAカードやJALカードでは、マイルがいつもたまって、
何かとのコラボカードを持っているとコラボ先を有効に使うとたまる率があがったり、
ヒトによって上手に使っているようですよね。

そのマイルの貯まるカードのうち、
AIRDOカードはあまり持っている人がいないかも。
AIRDOは北海道拠点なので、
北海道と関連した何かがないとその存在に気付きにくいです。

ですが、これにはDOマイルというポイントがあって、
航空券100円につき1ポイントたまるそうですから、
意外と還元率は高めですよね。
搭乗6回ごとのボーナスポイントがあるそうで、
頻繁に利用するなら期間内にこれをもらうことも可能でしょう。
マイルをためたい人にとっての見落としがちなカードかも。

------------------------------------------------------------
       
「AIRDO VISAクラシックカード」
 
北海道に拠点を置くAIRDOには、「DOマイル」というポイントプログラムがあり、WEB会員サービス「My AIRDO」に登録するとAIRDOポイントを貯めることができる。

AIRDOポイントは、搭乗ポイントとして、積算対象運賃での航空券購入金額100円につき1ポイント。ボーナスポイントとして、同一年度内(毎年4月1日から翌年3月末日)での搭乗6回ごとに100ポイント(上限500ポイント)が積算される。有効期限は搭乗ポイントの対象となる最終搭乗日の翌日から2年。定期的に搭乗していれば、実質無期限でポイントを貯められる。

(マイナビニュース 2016年4月5日)
-------------------------------------------------------------- 

ふるさと納税のお礼に自粛要請再び

昨年も同じ話題があった気がしますが、
「ふるさと納税」の謝礼が過熱しているので、
抑制するようにという通知がされているとか。

前は、「過熱している」という話だったのが、
今回は、転売などが相次いでいて、問題になっているということで、
より問題が派生してきている気がしますね。

今回は、自粛の対象になる項目を11項目明示したそうです。
これで、逃げ道なく自粛せざるを得なくなりますね。

金銭に近い扱いになるものはダメというふうに考えておけばよいのでしょうか。

それだけでなく、資産価値があるものというのも自粛要請されているようです。

つまり普通に「お礼」としておかしくない、
特産品とかに限っておくのがよさそうですね。

もらう側からすれば、お金に近い方がうれしいですが、
いろいろうまくいかなくなっていくのも困るので、
うまく折り合いをつけてこれからもふるさと納税が
いい形で活性化していくとよいと思います。
 
------------------------------------------------------------

 「ふるさと納税」の謝礼として寄付者に贈られた商品券などの転売が相次ぐ問題で、高市総務相は1日、商品券や家電などの贈呈を自粛するよう全国の自治体に通知した。

 昨年4月も同様の通知を出したが、自粛対象を「プリペイドカード等」としただけで、その後も地域商品券などの金券を謝礼にする自治体があるため、対象11項目を明示した。

 項目に挙げたのは「金銭に類似するもの」として、プリペイドカード、商品券、電子マネー、ポイント、マイル、通信料金。「資産価値があるもの」として、電気機器(家電)、パソコンなどの電子機器、貴金属、ゴルフ用品、自転車。

(読売新聞 2016年4月2日)
-------------------------------------------------------------- 

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ