お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

2016年01月

コインランドリーが電子マネーに対応

コインランドリーは硬貨のたくさん必要なサービスで、
店頭に両替機が設置されていて・・というのが普通です。

そう考えると、電子マネーが使えたらいいなと思う種類の一つですよね。

アーケードゲーム機にはそろそろ電子マネーが使えるのが普及しつつあるので、
コインランドリーでも対応してもおかしくないですね。

エムアイエスが運営するコインランドリーでは、
マルチ電子マネー決済サービスを導入したとか。
PASMOを含む交通系電子マネーやnanacoが使えるのだそうです。

コインランドリーの利用者は、旅行中や、お洗濯環境がなくて外に出ている人たち。
と考えると、荷物は少ない方がいいし、
いちいち小銭を準備する手間を思えば、電子マネー対応、うれしいのではないでしょうか。
 
------------------------------------------------------------
エムアイエス運営のコインランドリー「mammaciao(マンマチャオ)江戸川中央店」では昨年12月から、トッパン・フォームズグループのTFペイメントサービス(TFPS)が提供する決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」を利用したマルチ電子マネー決済サービスを利用可能になった。

利用できるのは「PASMO」を含む交通系電子マネーおよび電子マネー「nanaco」などで、今後、電子マネーブランドにも順次対応していく予定。

(プリント&プロモーション 2016年1月29日)
--------------------------------------------------------------

小売り自由化に伴う電気料金プラン

最近、新聞にも電力販売自由化に伴う各社の料金プランや
新会社の割引やお得なプランなどの記事を目にするようになってきました。

電力の小売り自由化にともなっていろいろな動きがあるようですが、
昭和シェル石油が、
東京電力管内で新しい電気料金プランを発表したそうです。

クレジットカード利用者の「給油時にガソリンが10円/L安くなる」ドライバープランだそうですね。
これはいいですね。

どちらも燃料の話でなんとなくわかりやすい気がします。
クレジットカードではもちろん、
現金払いでも、Pontaの利用によって割引があるとか。

電話会社、ガソリンの会社、と相互にお得になる電気料金プランが提案されているので、
今後も、今の事業と電気事業をうまく組み合わせて、
両方使っていればお得になる抱き合わせのようなプランが乱立してきそうな気がします。
 
------------------------------------------------------------

同社が発表したドライバーズプランは、自動車の利用頻度が多いユーザーをターゲットにしている。ドライバーズプランを契約する際に登録したクレジットカードを使い、東京電力管内の同社系列SSにおいて給油代金を支払うと、ガソリン(レギュラー、ハイオク)の価格が1リットル当たり10円、軽油であれば5円が割引になる。現金支払いの場合でも、Pontaカードの利用による割引を適用可能だ。給油代金の割引上限は1カ月につき最大100リットルまで。つまり給油代金のみでは、最大で年間1万2000円お得になる仕組みだ。

(ITmedia 2016年1月21日)
--------------------------------------------------------------

スリーエフへのクレジットカード導入

コンビニはほとんどがクレジットカード決済できますが、
コンビニ・スリーエフへのクレジットカード導入は、
他のチェーンと比べるとかなり後手にまわった感じはありますね。

ただ、トヨタファイナンス・ジェーシービーとの提携をして、
さらに交通系電子マネーのチャージも可能にするそうで、
ここは後発の利として、
今可能なクレジットカードてきな取引は全部可能にするような形で、
導入されることが望ましそうです。

デビットカードで支払う習慣がついてきているひとも多いと思うので、
カードの種類を選ばず決済ができれば、
家が近い・勤務先への途上にあるといった理由でスリーエフを利用している人が
離れていかないポイントにはなりそうですね・
 
------------------------------------------------------------

スリーエフは13日、トヨタファイナンスおよびジェーシービーと提携し、2016年4月1日よりスリーエフ全店でクレジットカード決済の取り扱いを開始すると発表した。

スリーエフは、2015年11月よりクレジットカード決済の取り扱いを順次開始している。今回、2016年4月よりスリーエフ全店(560店舗:2015年12月末現在)でのサービス開始が決定。これにより、現在の主要電子マネーに加えて、「VISA」、「Master Card」、「JCB」、「アメリカン・エキスプレス」、「ダイナースクラブ」、「ディスカバー」の主要6ブランドおよびトヨタファイナンス発行の「TS CUBIC CARD」のクレジットカード決済サービスが利用できるようになる。

(マイナビニュース 2016年1月14日)
--------------------------------------------------------------

イオン銀行利用に指紋生体認証導入

「指紋認証システム」は、ノートパソコンの開閉などに使われているのをみたことがありますが、
それ以外で活用されているのは現実にはあまりみたことがありません。

ドラマや映画で銀行の金庫をあけるときくらいでしょうか。

イオン銀行では今度、店頭手続きやATM利用で、
顧客の本人確認を「指紋生体情報」だけで行うしくみを実証実験はじめるそうですね。

これが確実なものであれば、
何も証明するものを持ち合わせていなくても、
その人の体自体で個人を確認できることになって、
とても便利でかつ安心だと思います。

ただやっぱり、これだけというのは心配かも。

何か別な認証方法と組み合わせて、
セキュリティ面を向上させたほうがいい気がしますね。

------------------------------------------------------------

このたび、イオン銀行が実証実験を行う「指紋認証システム」は、指紋を登録すれば、キャッシュカードや暗証番号・印鑑・本人確認書類などを一切持参することなく「手ぶら」で来店し、店頭窓口やATMに設置された専用端末に指でタッチするだけで銀行取引を行うことができるもの。指紋は「終生不変」「万人不同」とされ、誰でも簡単に登録できる複製不可能なものであり、なりすましの防止など銀行取引上の安全面でも優れたものとなるという。加えて、災害時の緊急避難の際にキャッシュカードを持ち出すことができない場合でも銀行取引が可能であり、社会的な意義も高いものとなるとしている。

(マイナビニュース 2016年1月4日)
--------------------------------------------------------------

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ