お金の節約やお得についてのブログ

お金に関してのニュースをチェックしながらマネーについて勉強をしている自分用メモ的ブログです。

2015年05月

JCBがラオスなどアジアで拡大

今度発行されるJCBカードは、ラオスの大手銀行と提携したものだそうです。

スタンダードとゴールドがあって、
アジアで積極的に会員を開拓したいというのが狙いらしいですね。

ラオスというイメージは先進的なものではないのですが、
それだからこそこれからの発展にたくさんのお金がかかる可能性を持っている。

そこが、商圏を拡大させたいクレジット会社にとって、
魅力的に映るのでしょう。

JCBは東南アジアで積極的に展開しいてる印象があります。
JCBはヨーロッパなどでの加盟店数はどうしてもVISAやMasterCardよりも劣るので、
アジアではNo1になってほしいですね。

------------------------------------------------------------
このたび発行となる「BCEL-JCBカード」では、スタンダード券種とゴールド券種の2券種を用意
しております。JCBとBCELの提携は、アジアにおけるJCBカードの会員基盤を拡大したいJCBと、
JCBとの提携により顧客に対し新たなサービスを拡充したいBCELとの狙いが合致し、実現しました。

JCBはラオスにおいて、2014年よりクレジットカードを発行しており、この度のBCELとの発行に
よりラオスでJCBカードを発行する金融機関は2行目となります。今後も同国での発行事業を強化し、
シェア拡大を図っていきます。

(産経ニュース 2015年5月31日)
--------------------------------------------------------------

国際ブランドが利用できるデビットカード

VISAなどの国際ブランドのマークが入ったカードは、
世界の国際ブランドのネットワークがそのまま使えるカードで、
クレジットカードじゃなくて、デビットカードの利用者増が注目されています。

クレジットカードの契約者は、もう頭打ちなようですよね。

これ以上、それの利用者を増やすことを考えるより、
違う種類のクレジットカードを伸ばすのが、
カード会社としてはよい施策なのかも。

それで、いままでも一般化したカードから、女性向け、業界向け、
業態向け(企業、個人事業者など)、といった、
それぞれの利用者にうれしいサービスをあつめたカードが普及してきています。

そのうちのデビットカードが、
クレジットカードが作れない層の、カード利用を促すものとして便利だと。

わたしはクレジットカードがつくれなくて困ることはないですけど、
今後、どうなっていくかはわかりません。
「保証」という面からは判断しにくい信用が今の世の中あると思うので、
そういった部分をカバーできるカードは、今後普及が加速していくのではと思います。

------------------------------------------------------------
1.国際ブランドのネットワークが利用可能
 国際ブランドのデビットカードは、ブランドプリペイド同様に、カード券面にブランドマーク、カード番号、有効期限などが記されており、世界各国の国際ブランドのネットワークがそのまま利用できる特徴がある(Visaは約3,810万店、JCBは約2,700万店)。

2.与信・審査不要で利用可能
 また、通常のクレジットカードとは異なり、デビットカード発行時は、原則として審査・与信がなく、クレジットカードを持てない若年層、高齢者なども所有できる。たとえば、楽天銀行では「審査のいらないVisaカード」として、ブランドデビットカードを訴求している。

3.残高の範囲内で利用可能
 カード利用者にとっては、残高の範囲内の利用となり、使いすぎる心配がないというメリットがある。

(ソフトバンク ビジネス+IT 2015年5月20日)
--------------------------------------------------------------

巨大フードフェス「まんぱく」では電子マネー利用可

巨大フードフェス、なんて、
グルメが大流行りの昨今ですから、
相当のひとたちが集まりそうですね。

出店がたくさん、看板もこだわって来客を迎える準備が整っているとのこと。

そしてここは、
現金だけでなく電子マネーがほとんどのお店で使えるのだとか。
すごいですね。
こういったところのお店ではあまり電子マネーが利用できるイメージはありませんが、
電子マネーが使えるなら、
おつりの計算とか受け渡しがいらないので、
労力的にかなりな節約になりそうです。

私もこういうフェスは好きで行きますが、
地方のそういうフェスはあまり大がかりなものではなく、
巨大フードフェスというほどのものではないですが。

B1グランプリの成功がこういう巨大フェスへの道ができたんですよね。

------------------------------------------------------------
巨大フードフェス「まんパク」、いよいよ明日開催!
今日から出店者さんの搬入もスタートし、ブースのセッティングを行っています。
おいしそうな看板も並び始めました。

昨日公式サイトにてご案内しましたが、
今回のまんパクから、現金に加え、場内のほとんどの飲食店にて電子マネーがご利用いただけます。
使用できる電子マネーは下記の通りで、主要の電子マネーは網羅しております。

・「nanaco」
・「楽天Edy」
・「WAON」
・「Kitaca」
・「Suica」
・「PASMO」
・「TOICA」
・「manaca」
・「ICOCA」
・「SUGOCA」
・「nimoca」
・「はやかけん」

(巨大フードフェス「まんパク」 2015年5月17日)
--------------------------------------------------------------

かっぱ寿司でクレジットカード利用

かっぱ寿司では、全店舗でクレジットカードや電子マネー決済をはじめるそうで、
三井住友カードと提携しているそうです。
かっぱ独自のクレジットカードとかあるのでしょうか。

今、独自デザインのカードが喜ばれるようなので、
かっぱのデザインでかわいいクレジットカードとかあったら楽しいですよね。

私、あまり回転ずしは利用しないので、
かっぱ寿司には今までに一回しか行ったことがありません。

家でのパーティーなどで御呼ばれすると、
その席に回転ずしをお持ち帰りして差し入れしてくれる人もいて、
そういう時に回転すしを食べるかな、という感じです。

そもそも、日常的にあまりお寿司を食べる方ではないです。

でも、回転すしを利用したらと仮定すると、
お会計をする時にクレジットカードや電子マネーで支払えるとありがたいかも。

------------------------------------------------------------
カッパ・クリエイトホールディングスと三井住友カードは7日、回転ずしチェーン「かっぱ寿司」全341店舗で、クレジットカードや電子マネーの決済サービスを始めると発表した。11日から東京都や神奈川県内の10店舗で先行導入後、7月上旬までに全店に拡大する。

(時事通信 2015年5月6日)
----------------------------------------------------------------

ギャラリー
RSS
  • ライブドアブログ